今日も自分の練習です。


メニューは

クレメンティのエチュード
バッハ
ブラームス




もう何年も
いわゆる「テクニック」
のいるような曲は弾いていなくて


速いパッセージで
指を動かすってどうやってたっけ、、

なんて途方に暮れながら
楽譜を見つめる期間も長かったですが


まずは


とにかく動かす!動かす!



師匠に教わったポイントを
頭に置き、振り返りながら。


でも時にそれを横に置いて


やっぱり動かす!動かす!




結局はピアノの演奏も
1つの「運動」



高速で弾く時と
ゆっくり弾く時と

使う筋肉が違う
もし同じ筋肉でも使い方が違う

のは当たり前


身体に覚えさせつつ
師匠のポイントを少しずつうまく乗せて行く


そんなイメージで練習を重ねています