港北区 綱島・新羽 Luce Piano Lesson (旧こぐまぴあの)

2019年06月

明日はバッハグループレッスンです。


インヴェンションをテーマに
師匠門下の仲間の先生達が交代で弾き

師匠からアドバイスを頂きます。



これが毎回すごく刺激的で。


なんで同じ楽器使って同じ曲弾くのに
こんなにも違うんだろうと。






とにかく情報量や奥深さがすごいので
バババーっとメモも取りつつ
自分の番は弾きつつ

時間があっという間に過ぎます。



いっつもアリナミン飲んで臨みます笑




バッハのフレージングのお話など
伺いました。




何度か書いている内容だけど
自分の復習のため重ねて書きます。

バッハにももちろんカント(歌)はある
けどそれは

個人的な感情ではなくもっと宇宙的なもの





バッハのフレーズを理解するには
弦のボウイングを参考にすると
見えて来る物がある。


(誰々がここでこう切っているから
こうすべき、などの単純な話ではない)



弦のボウイング、、



遠い遠い
副科時代を思い出し、、



確かに、バイオリンを(無理矢理)弾いて
一番に感じたのは

アップとダウンでの音の扱いや方向性


求めるアーテュキレーションや
デュナーミク、フレーズの持って行き方
に対して

速さや重みなども含めてどう弓を運ぶかが


減衰楽器であるピアノよりも
ものすごくはっきりしているなと。



ピアノは、というか私が?ですが
どこかに減衰楽器である事の甘え?
のような感覚があるのかもなーなんて

ハッとしました。特にレガートの時。


バイオリンは
音を鳴らして切るまでの最後の一瞬まで
完全に自分の責任

歌とか、他の楽器もそうですね


あ、いや、ピアノもそうなんですが。
恥ずかしながら
その事をちゃんと理解出来たのは
ごく最近です。





ピアノ弾きも
やはり他の楽器に触れる機会を持つ事は

すごく重要だと思います。


逆もそうですが。






えーと




なんの話だったっけ



あそうそう、とにかく明日もバッハなので
もう寝ます。



明日は8番、、
なんかいつ弾いても
すごいせっかちなんだよなぁ、、

テンポの問題ではないせっかちさ。


打鍵、タッチの問題ですね。


自分の音をちゃんと聴かなくては!

ダイナミックなオープニングの1曲目

アウフタクト感が掴みづらく苦労してます。
違和感というか、とまどい、困惑です。


うーーんやはり私は日本人だ。




ま、でも
ちょっとずつ流れて来たかな!

という段階の演奏です。


この前の録音もあるけど
さすがに酷すぎて残したくない笑



1番から2番に移る練習もやってるので
2番の途中まで弾いてます。




身体と音楽がバラバラで、、
不満が表情に出てる笑

月に一回

個人レッスンの他に

バッハのグループレッスンに参加しています





毎回

師匠門下の5〜6人のピアノの先生が集い

同じ曲を順番に弾きます。





同じ楽器で同じ曲を弾くのに

音から何から全て全く違うのが

本当に不思議で本当に面白い。



これは機械には出来ない技だし

ライブだからこその楽しさだなと。






先日は

バッハのカンタービレについて
教わりました。




バッハはロマン派のように
歌ってはいけない


というのは原則ですが



だからといって
無機質に弾くのとも違う。





そこにはカント(歌)があり
ヴィーヴォ(命)が込められていて
感情もある




だけれどもそれは

個人的な感傷ではなく
もっともっと宇宙的なもの



そこがロマン派のカンタービレとは
区別すべきところ







む、難しい、、

一生理解出来ないのではないか



と思うけど


私は私なりに考えてみています。




私が音楽、ピアノを好きになった
1つのきっかけである教会音楽


アーメンの時の奏楽が好きで
今でも時々弾きます。




その辺にきっとヒントもあるのでしょうね



まだ点と点でしかありませんが。





それを理解する事と同時に

それをどう指先に伝えるか
音として表現するか


合わせて研究しなくてはいけないです。





果てしなく遠くて
果てしなくロマンチックな話です。










このページのトップヘ