私が練習する時は
曲全体を通す練習の他に

短く1つの部分を取り出して練習をします。


1日にたったの1段だったり1小節だったり
小さい目標です。


だいたいその部分練習だけで
30分くらいやるかな?



それでも

その日のうちに
納得いくように仕上がらない事の方が多く

難しいテクニックなどは
たった1小節に1ヶ月かかる事もあります


漬物と同じ?でたまに寝かせてみたりもします

(あまりにも弾けない時に2、3日違うことやってみて久しぶりに弾くと不思議とすんなり弾けたりします)




曲を仕上げるというのも
色んな小さな練習の積み重ね

プラモデルとか家の建築とかと似てるかな?
パーツ1つ1つを作って組み合わせています



生徒さんには最初の導入の段階では
わかりやすく

「1日に◯回弾こうね」

と宿題を出しますが

少しレベルや学年が上がると
練習方法や伝え方を変えています。




ピアノの演奏もある意味1つの運動なので
繰り返し弾く事ももちろん必要だけど

ただただ弾くだけでなく

聴きながら弾くこと
考えながら弾くこと


それが理解出来ると
練習さえも楽しく感じられます