週末に迫りました。発表会 第2段!

と言っても2回目なのは私1人ですが。



今年はコロナ禍で先が見通せず規模を縮小したため、会場も日程も別の、2回に分かれての開催になりました。

(元々、合同発表会から単独にする予定ではあったのですが、さらに縮小しました)




連弾もほぼなければ
いつも最後にやっている合奏もなく、、



楽譜作成や編曲などもほとんどなかったので
準備の負担は軽かったはずなのですが

果たして開催出来るのか?とか
コロナの諸々で
気分的にはこれまでで一番疲れたかな、、






今日は発表会の支度をしながら


発表会に関する大事な書類と一緒に挟めてある
1通のお手紙を読み返していました。





コロナで緊急事態宣言が出ていた時に
生徒さんからもらったお手紙

image


Sちゃんは
発表会の日程がまだ決まってない頃から
1人で練習を頑張ってくれていました。


読んだ時はウルっとしちゃったな。

やっぱりコロナで生活が一変して精神的に疲れてたようで、お手紙が心に染みましたね〜





彼女以外にもみんな発表会に前向きで

「もうこの曲練習始めてもいいですか?」

と何人かから連絡を頂き。






発表会をこんなに楽しみにしてくれているんだなと、ものすごく励まされました。





年に一度の大切な機会




どうなるか不透明な中でしたが
それでも、前に進んでみて良かったなと思いました。





最後までしっかり練習して
ステキな1日にしましょうね!