こんにちは♪
綱島・新羽のピアノ&リトミック
luce piano lessonの大場かよです。




ちょっと前の話なのですが
子供たちと「イッテQ」を観てると

女芸人さんのコーナーで
芸人さん達が合唱に取り組んでいました。



女声3部で
普通に難しいレベルの合唱で
パートはそれぞれ2人しかいないし

もう少し簡単なのにすればいいのに
なんて余計な事を思いつつ

レッスンのシーンはついつい前のめり笑



声楽の先生による本格的なレッスンで
ちょうどそのシーンでは先生が

「母音の響きを保ってフレーズを繋げる」

↑これは私の言葉で番組内ではもっと分かりやすく説明されてました。

という指導をされていて。



私は

これは楽しいだろうなぁ〜!
私もまた歌のレッスン受けたいな〜!

とワクワクしていたのですが



レッスン後に

芸人さんはひとこと

「ものすごい苦痛の時間、、
先生が何言ってるか全く分からないし」



と。。






∑(゚Д゚)えっ!!

そうなんだ、、、
あんなに分かりやすくて面白いのに、、





ちょっとびっくりしましたが

音楽が生活の一部である私と
そうではないその芸人さんと
感じ方が違うのは当たり前ですよね




別にその時は誰に迷惑かけてもないけど



またやっちゃったー危ない危ない
とひとり自分を振り返りました。



気をつけているつもりなのですが


ついつい
自分の感覚、価値観でしか見えてなかったな
という時があります。




逆に考えればすぐに分かるんですけどね。



体力ゼロ&運動神経が壊滅的な私に


例えば
池江璃花子が水泳を
イチローが野球を

教えてくれるとしても全然嬉しくないし
(サインはもらいますが)

それにそもそも何を言ってるのか理解出来ないと思います。



価値観や興味の有無というのもありますが


それプラス


どの分野にも共通言語というか基本的な知識があり

それ無しでいきなり色々詰め込まれても
苦痛の時間でしかなく

いろんな事がお互い徒労に終わるっていうか。








価値観の事
とか

教えるって繊細で気の長い仕事だなー
とか



色々考えるワンシーンでした。





音楽が絡んで来ると色々考えてしまうのは
ある意味、職業病かな
(素直にイッテQ楽しみたいのに)


最近ちょっと頭が疲れてるのか小さいミスが増えてます。




さー
私も明日は自分のレッスンです。

ブログに逃避してないで練習しなくては。








横浜市港北区
綱島・新羽のピアノ・リトミック教室

luce piano lesson
(ルーチェピアノレッスン)


お問い合わせは
kogumapiano@gmail.com

もしくはホームページから
https://web-arte.biz/

お気軽にどうぞ